PIPL
個人情報保護法
スペシャリスト
認定取得
料金表
大阪急配株式会社日本郵政公社指定企業
バックヤード支える要素のひとつ「場所・スペース」
弊社レンタル倉庫のご案内
サーバー

とあるネット事業者の悩み

輸入雑貨をネットショップで販売するようになって半年がたちました。小物中心の商品バリエーションでしたが、衣類関係も扱うようになってから、商品を保管する場所がなくなり困っています。今、手ごろな倉庫を探しています。(箕面市ショップ経営者)

バックヤードを支える設備の中で、核になるのが倉庫です。
弊社の倉庫は基本的に以下のように分類されます。
商流 対応倉庫

単なる保管倉庫ではなく、お客様の注文から、商品のお届けまで、一連の流れ の中で、お預かりする商品を入庫し、出荷し、在庫し、仕分け・梱包加工し、貴社の商品管理そのものをアウトソーシングにて運営する倉庫が商流対応倉庫です。倉庫という器と、労力というサービスをセットにした状態で、貴社のローコストを実現する倉庫です。

機密文書保管倉庫

法改正により、単なる「内部書類」が、個人情報項目が、数点入っているばかりで、「機密文書化」してしまった。書庫・ロッカー保管では、セキュリティー面で不安が残る。長期に保存が義務づけられているばかりで、保管場所が膨らむ一方である。貴社の文書管理をアウトソーシングにて運営する倉庫が機密文書保管倉庫です。災害すべてをガードする機密保護を実現する倉庫です。

ページトップへ戻る
ショッピング経営者のバックヤードの悩み。まずは、ご相談下さい。

物流事業から始まった大阪急配にお任せ下さい。

物流事業から始まった大阪急配は違う観点からネットショップ経営者様をサポートいたします。在庫のスペースがない。新しい配送の形を考えているのだけど・・・。など、ネットショップに関する物流のご相談は大阪急配にお任せ下さい。

ページトップへ戻る